やまびこネット
前のページへ 最初のページへ
雪でアイスクリームを作ろう

アイスクリームを作ろう

 
用意するもの

・鍋
・生クリーム:50ml
・卵黄:1個
・食塩:1Kg
・ビニール袋:2枚
・輪ゴム
・牛乳:160ml
・砂糖:大さじ2
・バニラエッセンスまたはリキュール
・雪または氷:1Kg
・スーパーの袋:2枚
・軍手
 
作り方

1) 牛乳、卵黄、砂糖を鍋に入れる。
2) 火にかけ、沸騰しないように気をつけながら良く混ぜる。
3) 砂糖が良く溶けたら、香り付けにバニラエッセンスを数滴たらしこみ、アイスクリームの素を作る。
4) 鍋ごと雪の上に乗せ冷やす。雪がなければ水、または氷水でよい。

5) 雪または氷を二重にしたスーパーの袋に入れ、食塩をまぶす。このとき入れる食塩の量は、前に求めた雪または氷と食塩の割合です。

6) 二重にしたビニール袋に3)のアイスクリームの素を入れ、輪ゴムでしっかりとめる。

7) 6)5)の中に入れる。
8) 軍手をはめ、ビニール袋に入れたアイスクリームの素が、雪または氷に良く触れるように袋全体をゆっくりもむ。

9) 数分でアイスクリームの素が凍り、アイスクリームが出来上がる。

注意: 雪に食塩を加えると相当冷えるので、素手で触ると凍傷を負います。手袋をはめ、絶対素手で触らないようにしてください。
 

発展

  オリジナルのアイスクリームを作ってみましょう

ジャム、ココア、抹茶など好みの材料を加えて、いろいろな味のアイスクリームつくりに挑戦してみましょう。
ジュースで作るとシャーベットになります。
今回は手近な材料であるビニール袋を使った作り方を紹介しましたが、ペットボトルや空き缶を使ったりしても原理は同じです。いろいろな素材でオリジナルなアイスクリーム製造機を作り、アイスクリームを作ってみてください。
 
|  扉ページへ  |
 

文:川崎市八ヶ岳少年自然の家 若宮崇令
最終更新日:2009年2月16日

メニューページへ   前のページへ   最初のページへ
メニューページへ   前のページへ   最初のページへ
制作:日本博物館協会
Copyright(C) Japanese Association of Museums