やまびこネット
前のページへ 最初のページへ
時の記念日

時の記念日は、天智天皇により671年の4月25日に漏刻(ろうこく(水時計))が設置され、宮中に時がつげられるようになったのを記念するものです。これを太陽暦(たいようれき)に直すと671年の6月10日になります。1920年に東京天文台や生活改善連盟(せいかつかいぜんれんめい)の方々が相談し、6月10日を時の記念日として定めたのが始まりです。水時計は日時計より正確な時刻を測ることができるとされ、紀元前16世紀には、すでにエジプトで使用されていたという記録も残っています。

時計の由来

  昔の中国がシナとよばれていた時代には、垂直(すいちょく)な柱の影の長さを測って、その影が一番長くなる日を冬至と決めていました。この柱のことを土圭(トケイ)といい、このトケイの名前が時計となったと言われています。
 

時計の種類

 
日時計 ものの影を元に太陽の位置を知り、その位置で時を計る
燃焼(ねんしょう)時計 ろうそく、線香(せんこう)、縄(なわ)などの燃える長さを利用して時を計る
水時計・砂時計 水や砂の落ちる量を利用して時を計る
振り子時計 振り子のゆれを利用して時を計る
クォーツ時計 水晶(すいしょう)の振動(しんどう)を利用して時を計る
電波時計 電波を利用して時を計る
 
漏剋 漏剋(ろうこく:水時計)
 

江戸時代の時

 
江戸時代には、夜明けを明(あけ)六つ、日暮れを暮(くれ)六つと呼び、その間を昼夜ともに、五つ、四つ、九つ、八つ、七つと6等分して時を定めていました。季節によって、日の出から日の入りまでの時間の長さが変わるため、一つ分の時間の長さは同じではありませんでした。ちなみに江戸時代の時の呼び方が現在にも残っている例があります。たとえば「おやつ」という言葉です。「おやつ」といえば、現在3時に食べるものとされていますが、お八つというのは、八の時刻を指す言葉で、正確には八の時刻は深夜と昼の一時から三時までの二時間を指す言葉でした。 江戸時代の時
明六つ 朝五つ 朝四つ 昼九つ 昼八つ 夕七つ 暮六つ 夜五つ 夜四つ 暁九つ 暁八つ 暁七つ
夜明け
(日出)
正午 日暮れ
(日没)
真夜中
 

関連リンク

 
明石市立天文科学館 ホームページはこちら
やまびこネット---玉手箱100 日時計をつくろう
やまびこネット---理科工作(6) 日時計
 

文:富士見市立諏訪小学校 平岡健
最終更新日:2008年3月31日

カレンダーページへ   前のページへ   最初のページへ
カレンダーページへ   前のページへ   最初のページへ
制作:日本博物館協会
Copyright(C) Japanese Association of Museums