• 日本語
  • English

武器・軍事史博物館国際委員会
ICOMAM

ICOMAMは、武器、甲冑、火器、要塞、軍服や旗に関する研究を促進し、そのような武具の修復保存に携わる団体と博物館との関係を発展させ保持することを目指しています。ICOMAMは博物館学の分野において、この特定主題を包括的に扱う団体としては、唯一の国際的な組織であります。ICOMAMは3年に一度、関連する議題を掲げて会議やシンポジウムを開催しています。武具の修復と調査に対する委員会の取り組みは、科学的・客観的。・人道的なものです。委員会は、設置目的の範囲内で歴史的文脈において、世界史上の重要性に目を向けながら、兵器について考察します。ICOMAMは社会学的文脈の中で、政治、経済、社会、芸術における役割を検証しながら兵器を調べることにも、等しく関心を持っています。委員会は、軍事史と軍事博物館のコレクションが私たちの文化遺産の一部であることを明らかにしたいと思っています。

International Council of Museums

International Council of Museums

International Council of Museums

財団法人日本博物館協会