• 日本語
  • English
トップページ > 出版物: 博物館研究

博物館研究


  • 最新号(令和4年7月号)
表紙:単衣「紫絽地裾暈し山水に鹿の
風景模様描絵刺繍」
幕末~明治、絹、身丈163、裄61(㎝)
[シルク博物館]
特集「解説ツールとしてのマンガ」
目次
  1. 巻頭エッセイ 博物館における解説ツールとしてのマンガの可能性  中澤潤
  2. 昆虫展と4コマ漫画  いずもり・よう
  3. 科学系博物館における展示支援としての4コママンガ  江草遼平 楠房子 稲垣成哲
  4. 企画展でマンガを活用―新潟県立歴史博物館の事例から  山本哲也
  5. 博物館の解説ツールとしてのマンガの長所とその利用:企画展「手塚治虫のメッセージ」の実施とオリジナルマンガの制作から  川上靖
  6. 投稿 埼玉県立さきたま史跡の博物館における情報発信検討会の活動報告  小林弘一 菊池拓真 ナワビ矢麻 別所鮎実 杉山高志
  7. 第11回美術品梱包輸送技能取得士認定試験の実施について  遠藤啓
  8. 支部情報 東海支部 野外博物館の現状と課題―川崎市立日本民家園  渋谷卓男
  9. コレクション シルク博物館の小袖コレクション  石鍋由美子
  10. ICOMレポート 2022年国際博物館の日について  栗原祐司


  • 令和4年6月号
表紙:青花龍唐草文天球瓶
景徳鎮窯、明時代 永楽期 15世紀、
高41.8cm×胴径34.8cm
[松岡美術館]
特集「これからの博物館制度を考える―改正博物館法の
成立を踏まえて」
目次
  1. 巻頭エッセイ 美術館に求められる役割の多様化について思うこと  山梨絵美子
  2. 日本の博物館制度の行方(6)  半田昌之
  3. 令和3年度研究協議会・シンポジウムの概要
  4. ICOMレポート 最終段階のICOM博物館定義見直し  栗原祐司
  5. コレクション 青花龍唐草文天球瓶  寺島いずみ
  6. 日博協だより 緊急アンケートから見えてきた長引くコロナ禍で浮き彫りになる博物館運営の厳しい状況について―その2―


  • 令和4年5月号
表紙:蘭花
川島理一郎、1942年、油彩・板、121.0×122.5cm
[足利市立美術館]
「令和3年度新館紹介」
目次
  1. 巻頭エッセイ 沖縄復帰50年展について  田名真之
  2. 令和3年度開館博物館施設一覧
  3. 令和3年度新館紹介
  4. 令和3年度新設館 博物館施設概要
  5. 支部情報 関東支部 事例報告―茨城県立歴史館の成り立ちと近年の展示事業  富田任
  6. コレクション 川島理一郎《蘭花》  山下彩華
  7. ICOMレポート 戦禍に晒されるウクライナの博物館  栗原祐司
  8. 日博協だより 緊急アンケートから見えてきた長引くコロナ禍で浮き彫りになる博物館運営の厳しい状況について


  • 令和4年4月号
私設考古館に佇む毛利総七郎
[石巻市博物館]
「令和2年度博物館園数関連統計」
目次
  1. 巻頭エッセイ 150周年をむかえた東京国立博物館―これまでの歩みと未来に向けて  銭谷眞美
  2. 虎ノ門だより 令和4年度 文部科学省・文化庁における博物館振興施策の概要について
  3. 令和2年度 博物館園数
  4. 令和2年度 博物館入館者数
  5. 投稿 異文化理解としてのコレクション―新型コロナウイルスと博物館の役割  小林淳一
  6. 支部情報 東北支部 被災美術作品から震災・文化財レスキューを伝える―石巻市博物館開館企画展「文化財レスキュー 救出された美術作品の現在」による試み  泉田邦彦
  7. コレクション 毛利総七郎と毛利コレクション  佐藤麻南
  8. 日博協だより 博物館法の一部を改正する法律案の概要




会員ログイン

メールアドレス

パスワード

日本博物館協会 入会のご案内

ICOM 日本委員会

ICOM 日本委員会

日本博物館協会 入会のご案内

博物館総合保険のご案内

東日本大震災への取り組み

大津波被災資料連携プロジェクト 安定化処理

やまびこネット

博物館 自己点検システム

地 域 種 類 博物館名 住 所 電話番号 ホームページ

ホームページ
住所
電話番号
メールアドレス
開館時間
休館日

展覧会

開催期間

図録

価格

イベント

開催日時
会場
出演者

普及活動

開催期間
会場
出演者