• 日本語
  • English
トップページ > 出版物: 博物館研究

博物館研究


  • 平成27年3月号
表紙:貝象嵌色字筥
黒田辰秋、1928年、
縦28.0×横21.8×高13.3(cm)
[アサヒビール大山崎山荘美術館]
特集 「第62回全国博物館大会報告」
目次
  1. 巻頭エッセイ 第62回全国博物館大会を顧みて  松月清郎
  2. 第62回全国博物館大会決議
  3. 全国博物館フォーラム  半田昌之
  4. シンポジウム「今、求められる新しい博物館像」  布谷知夫
  5. 分科会1 「中高生と博物館」  川本一也 山本 命
  6. 分科会2 「観光・まちづくりと博物館」  小林秀樹
  7. 分科会3 「博物館資料をめぐる課題」  田中善明
  8. 平成26年度棚橋賞・博物館活動奨励賞選考経過及び講評  斎藤靖二
  9. 海外博物館だより アメリカの自然史系博物館における集客活動  一島啓人
  10. 支部情報 近畿支部 京都国立博物館新館「平成知新館」開館を迎えて  佐々木丞平
  11. コレクション アサヒビール大山崎山荘美術館  中村祐美子 


  • 平成27年2月号
表紙:詩書屏風(六曲一双)
良寛、日本 文化14(1817)年頃~文政3(1820)年頃、
紙本墨書、各136.5cm×53.0cm
[北方文化博物館]
特集「異なる館種の立場から見た、博物館法制度の課題(2)」
目次
  1. 巻頭エッセイ 地域の自然・歴史・文化資料を残すために ―歴史民俗系博物館にできること  久留島浩
  2. 公開座談会「異なる館種の立場から見た、博物館法制度の課題」その2―振り返り  馬渡駿介 松浦啓一 西田治文 真鍋真 楡井尊 斎木健一 山本茂行 名児耶明 本田光子 山本真土 佐々木秀彦 佐久間大輔 森田利仁
  3. 投稿 博物館経営論における「博物館の設置及び運営上の望ましい基準」と「博物館の原則 博物館関係者の行動規範」の活用  前澤和之
  4. 国際動向 博物館、文化遺産、様々な“ベスト”―The Best in Heritage 2014に参加して  大竹嘉彦
  5. 国際動向 Museums and the Web Asia 2014から見る博物館のデジタルへの取り組み  岩田侑利子
  6. ICOMレポート 2019年ICOM大会の日本招致に向けて(2) ―立候補申請と京都でのフォーラム開催  ICOM日本委員会事務局
  7. 支部情報 北信越支部 博物館における第四世代論  横山秀樹
  8. コレクション 良寛・詩書屏風  加古川茉莉恵


  • 平成27年1月号
表紙:点彩花文蓋付ゴブレット
ヴェネチア、1500年頃、ガラス、
高32.5cm、幅12.1cm
[箱根ガラスの森美術館]
特集「異なる館種の立場から見た、博物館法制度の課題」
目次
  1. 年頭の所感 銭谷眞美
  2. 公開座談会「異なる館種の立場から見た、博物館法制度の課題」  馬渡峻輔 斎藤靖二 松浦啓一 西田治文 真鍋真 楡井尊 斎木健一 山本茂行 小島道裕 名児耶明 本田光子 高梨俊夫 森田利仁 
  3. 海外博物館だより ロンドンのミュージアムにおけるソーシャルインクルージョン活動とコミュニティ連携
    田尻美和子
  4. 支部情報 東海支部 山梨県立博物館の評価制度について  河野彰
  5. コレクション 箱根ガラスの森美術館  岩田正崔


  • 平成26年12月号
表紙:年暮る
東山魁夷、昭和43年、紙本・彩色・額(1面)、
73.0×100.0cm
[山種美術館]
特集「博物館の利用者を知る」
目次
  1. 巻頭エッセイ 博物館という仕掛け  渡辺政隆
  2. 名古屋市東山動植物園の再生プランにおけるアンケート調査  橋川央
  3. 利用者に学ぶ科学館の未来―多摩六都科学館の利用者調査  神田正彦
  4. 学校からの利用者に起きていること―利用したこどもたちのアンケートを中心に  可児光生
  5. 利用者満足度の把握・評価に基づくサービス水準の向上と事業展開に向けて  清谷康平
  6. ICOMレポート 北欧諸国で開催されたCIMCIM年次会議について  嶋和彦
  7. ICOMレポート MPR 2014 台湾大会「ミュージアム・ブランディング
    ―21世紀におけるミュージアムの再定義」報告  関谷泰弘
  8. ICOMレポート ICOM-CC第17回大会に参加して  神庭信幸
  9. 支部情報 東京支部 民家園ボランティアの意識
    ―「小さな村」づくりに向けて  今田洋行
  10. コレクション 山種美術館  髙橋美奈子


  • 平成26年11月号
版画上州富岡製糸場之図
二代歌川国輝、明治時代、紙・絵具、
縦35.2cm×横72.8cm
[群馬県立歴史博物館]
特集「どこに行くのか動物園」
目次
  1. 巻頭エッセイ 気付きの濫觴  土居利光
  2. どこに行くのか動物園―日本の動物園が抱える課題  成島悦雄
  3. 動物園との連携、そして期待すること  安田直人
  4. 小規模動物園をめぐる構造的課題と動物の命  打越綾子
  5. 地域の動物園から「国立動物園」を構想する  岩野俊郎
  6. 海外博物館だより ドイツ・ゼンケンベルグ自然史博物館で進められている博物館統合の取り組み  矢部淳
  7. 支部情報 関東支部 産業界と県民を結ぶ懸け橋をめざして
    ―20周年を迎える千葉県立現代産業科学館と産業界の連携を考える  鈴木淳一
  8. コレクション 群馬県立歴史博物館  江原岳志


  • 平成26年10月号
表紙:陸奥国石川郡大隈滝芭蕉翁碑之図
亜欧堂田善、文化11(1814)年、紙本銅版、
21.7×28.6cm
[須賀川市立博物館]
特集「博物館資料・標本の‘ヘルスケア’
目次
  1. 巻頭エッセイ クーリエ奮闘の記「長崎はきょうも雨だった」  越智裕二郎
  2. 人文系資料のヘルスケア―その方法と効果  神庭信幸
  3. 水族館における生物のヘルスケア  平治隆
  4. 自然史資料のヘルスケア(保存と修理)  高野温子
  5. 映像資料のヘルスケア―映画フィルムの物性と複製可能性から考える
    とちぎあきら
  6. ICOMレポート 国際会議「博物館と文化的景観」(イタリア・シエナ)について  鈴木地平
  7. ICOMレポート CAMOCヨーテボリ大会に参加して  邱君妮
  8. 支部情報 東北支部 体験型フィールドミュージアム「まほろん」の今
    本間宏
  9. コレクション 須賀川市立博物館  管野和恵


  • 平成26年9月号
表紙:ランダーの油絵
アーノルド・H・サヴェジランダー、
明治23年、14.6cm×24.0cm
[帯広百年記念館]
特集「博物館の研究活動をひろめる」
目次
  1. 巻頭エッセイ 猟師たちの博物誌  野尻抱介
  2. 研究活動をひろめるとはどういうことか  渡部義弥
  3. プラネタリウムにおける学芸員の研究について  毛利勝廣
  4. 大学と県内天文施設の研究交流グループ「わかてん」について  古屋昌美
  5. 博物館の基礎的ビハインド・ザ・シーンである研究活動を公開する―SNSの利用を中心に  佐久間大輔
  6. 海外博物館だより 自然史博物館にみるコレクションの活用とその可能性  和食萌
  7. 支部情報 北海道支部 北海道博物館、2015 年春オープン!  堀繁久
  8. コレクション 帯広百年記念館  大和田努


  • 平成26年8月号
表紙:武者小路実篤像
大正8年、岸田劉生、紙、鉛筆、水彩、
37.5×27.5センチメートル
[高志の国文学館]
特集「サブカルチャーと博物館」
目次
  1. 巻頭エッセイ サブカルチャーミュージアムの在り方
    ─やなせたかし記念館アンパンマンミュージアムから  仙波美由記
  2. サブカルチャーと博物館  山本哲也
  3. 物語が生まれる空間を目指して  中垣理子
  4. 特別展「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」を開催して  西村直城
  5. 黒いカーテンの向こう側─大英博物館春画展と日本  石上阿希
  6. 私とマンガと博物館  井ノ上ふき
  7. 国際動向 アメリカの博物館では、今、何が話し合われているのか?
    ─第108回アメリカ博物館協会(AAM)年次総会に参加して  白原由起子
  8. ICOMレポート ICOM諮問委員会とINTERCOM台北大会  栗原祐司
  9. コレクション 高志の国文学館  川渕貴


  • 平成26年7月号
表紙:緋羅紗地合羽(緋地羅紗合羽)
不明、日本 桃山時代、ラシャ、
総背丈110cm、総裄67.5cm
[もりおか歴史文化館]
特集「大学博物館の挑戦」
目次
  1. 巻頭エッセイ 岡倉天心(覚三)と博物館─仏像の美をめぐって  岡倉登志
  2. 九州産業大学美術館は教育の場である  緒方泉
  3. モバイルミュージアムの現在  西野嘉章
  4. ガラクタ置き場から唯一無二の博物館へ─東京理科大学近代科学資料館の挑戦  大石和江
  5. 全ての人の好奇心のための博物館を目指して─南山大学人類学博物館の挑戦  黒沢浩
  6. 第3回美術品梱包輸送技能取得士認定試験の実施について  遠藤啓
  7. 海外博物館だより 英国の大学ミュージアムと博物館学教育―イースト・アングリア大学の事例  寺田鮎美
  8. コレクション もりおか歴史文化館  小西治子


  • 平成26年6月号
表紙:富士図
田能村竹田、文政2(1819)年、絹本着色、
127.0×42.0cm
[大分市美術館]
特集「平成25年度研究協議会から」
目次
  1. 巻頭エッセイ 「美術館、いま」  馬渕明子
  2. 平成25年度の研究協議会を振り返って  半田昌之
  3. 平成25年度研究協議会の概要
  4. あらためて博物館におけるボランティアの意味を検討する―平成25年度研究協議会テーマ1「博物館とボランティアの新しい地平」から  鈴木眞理
  5. 平成25年度研究協議会テーマ2「多様化する博物館の理念と制度『対話と連携の博物館の総括』(1)」について  佐久間大輔
  6. 平成25年度研究協議会テーマ3「東日本大震災から3年 復興への道のりを検証する」について  前田徹
  7. ICOMレポート 2019年ICOM大会の日本招致に向けて―臨時総会の結果と今後のスケジュール  ICOM日本委員会事務局
  8. 支部情報 九州支部 風土記の丘と博物館 ―大分県立歴史博物館の展示と研究・普及活動  友岡信彦
  9. コレクション 大分市美術館  野田菜生子


  • 平成26年5月号
表紙:藍白地黄返小桜染革威鎧
岩井、天保10年作、鉄、布、革、
胴高38.0cm、兜高14.0cm 
[宇和島市立伊達博物館]

「平成25年度新館紹介」
目次
  1. 巻頭エッセイ 博物館再生はミッション・インポッシブルか?  石森秀三
  2. 平成25年度開館博物館施設一覧
  3. 平成25年度新館紹介
  4. 「教員のための博物館の日」の現状と全国展開について  土屋実穂 岩崎誠司 渡辺千秋 杉本加奈子 
    釋知恵子 星野由美子 小川義和
  5. 海外博物館だより ドイツの博物館教育普及活動
    ―日独青少年指導者セミナー「博物館における青少年教育」ドイツ派遣事業に参加して  髙橋美奈子
  6. 支部情報 四国支部 つくる・楽しむ・学ぶ・風景が変わる ―「みんなでつくるバスストップ」事業を例に  東浩章
  7. コレクション 宇和島市立伊達博物館  山口美和


  • 平成26年4月号
松江市大垣の影人形(錦影絵)道具
(松江市指定文化財)
日本19世紀(嘉永頃) フロ(幻灯機)
高さ24.0×幅15.6×奥行き21.0cm
[松江歴史館]
「平成24年度博物館館園数関連統計」
目次
  1. 巻頭エッセイ 理想の地に、理想の美術館を夢見て  足立隆則
  2. 虎ノ門だより 平成26年度文部科学省・文化庁における博物館振興施策の概要について
  3. 平成24年度 博物館園数
  4. 平成24年度 博物館入館者数
  5. 国際動向 国際的な動物園教育に携わる組織と日本で開催されたアジア動物園教育者会議(AZEC)について  髙橋宏之
  6. 支部情報 中国支部 多くの人々に支えられる呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)  松村薫子
  7. コレクション 松江歴史館  西島太郎




会員ログイン

メールアドレス

パスワード

日本博物館協会 入会のご案内

ICOM 日本委員会

ICOM 日本委員会

日本博物館協会 入会のご案内

博物館総合保険のご案内

東日本大震災への取り組み

やまびこネット

博物館 自己点検システム

地 域 種 類 博物館名 住 所 電話番号 ホームページ

ホームページ
住所
電話番号
メールアドレス
開館時間
休館日

展覧会

開催期間

図録

価格

イベント

開催日時
会場
出演者

普及活動

開催期間
会場
出演者