• 日本語
  • English
トップページ > 出版物: 博物館研究

博物館研究


  • 最新号(令和2年11月号)
表紙:暴瀉病流行日記
安政5年、24.5cm×17.0cm
[山梨県立博物館]
特集「新型コロナウイルス感染症パンデミック下の博物館」
目次
  1. 巻頭エッセイ ウィズコロナ、開疎化と博物館の未来  安宅和人
  2. 「新型コロナウイルス感染症パンデミック下の博物館」特集にあたって  錦織一臣
  3. 江戸時代の古文書に再注目―コロナの時代とヨゲンノトリ  森原明廣
  4. 新型コロナウイルスと美術館―大阪市立美術館の事例  篠雅廣
  5. 感染症拡大によりインバウンドを失った水族館運営と課題  佐藤圭一
  6. コロナ禍における科学館活動と感染症の伝え方―多摩六都科学館の事例を中心に  髙尾戸美
  7. コロナ関係資料収集の意義と必要性  持田誠
  8. 世界をつなぐユニバーサル・ミュージアム―“触”の大博覧会から2025大阪万博へ  広瀬浩二郎
  9. 演劇が失われた時間―コロナ禍による中止・延期公演の調査と資料収集  後藤隆基
  10. 特別寄稿 新型コロナウイルスパンデミック下での中国博物館界の対応と今後の課題について  劉陽
  11. ICOMレポート  SDGsと博物館  栗原祐司
  12. 支部情報 東京支部 コロナ禍の板橋区立郷土資料館  細樅雄貴


  • 令和2年10月号
表紙:重要文化財 織田信長朱印状 伊達輝宗宛
天正5年、縦11.7cm、横18.8cm
[仙台市博物館]
特集「博物館の新たな魅力発信(2)」
目次
  1. 巻頭エッセイ 「新しい日常」に博物館が問うもの、問われるもの  尾高泉
  2. 竹島水族館の取り組み  戸舘真人
  3. 足寄動物化石博物館―コアな博物館の理想と変化  安藤達郎
  4. ソーシャルインクルージョンのプラットフォームをめざして―新たな魅力発信の手法を探る  正村美里
  5. 大きなコミュニティとなったおうちミュージアム  渋谷美月
  6. 博物館だより 先住民族と歩む博物館を目指して―国立アイヌ民族博物館の開館に寄せて  佐々木史郎
  7. 支部情報 東北支部 宮城県博物館等連絡協議会の取り組み  森谷朱
  8. コレクション 伊達家文書と伊達家印章  佐々木徹


  • 令和2年9月号
表紙:カムイサウルス・ジャポニクスの化石
全長8m
[むかわ町穂別博物館]
特集「博物館協会(博物館連絡協議会)の役割」
目次
  1. 巻頭エッセイ 長野県博物館協議会と地域博物館の活性化  笹本正治
  2. 神奈川県博物館協会の防災対策とレスキュー活動  望月一樹
  3. 徳島県博物館協議会の軌跡  長谷川賢二
  4. 沖縄県博物館協会のあゆみとこれからの課題  千木良芳範
  5. 北海道における博物館園の交流・連携  池田貴夫
  6. ICOMレポート ICOMの新たな体制づくり  栗原祐司
  7. 支部情報 北海道支部 おうちミュージアムのはじまりとこれから  渋谷美月
  8. コレクション カムイサウルス・ジャポニクスの化石  西村智弘


  • 令和2年8月号
表紙:知覧特攻戦没者の手記
山田勇大尉ほか17人、昭和20年、近現代紙資料、
16×21cm ほか(数量18点)
[知覧特攻平和会館
特集「自然災害と博物館」
目次
  1. 巻頭エッセイ 国際法と文化遺産―博物館と被害・被災の視点から  河野俊行
  2. 川崎市市民ミュージアム被災収蔵品レスキューについて  佐藤美子
  3. 美術品と歴史的建造物の防災  益田兼房
  4. 長野市立博物館におけるレスキュー活動  原田和彦
  5. 令和元年秋に千葉県において発生した台風等による文化財被害について  吉野健一
  6. ICOMレポート 任期途中でのICOM会長人事異動について  ICOM日本委員会事務局
  7. ICOMレポート ICOM日本委員会新役員就任  ICOM日本委員会事務局
  8. コレクション 知覧特攻戦没者の手記  坂元恒太


  • 令和2年7月号
表紙:はやり風用心
作者不明(印刷兼発行者 福田熊次郎)、
明治24年、40.0×70.0cm
[内藤記念くすり博物館]
特集「スポーツと博物館」
目次
  1. 巻頭エッセイ スポーツ文化と博物館資料  寒川恒夫
  2. スポーツ資料の収集保存を支えるスポーツ博物館ネットワークの必要性  來田享子
  3. 秩父宮記念スポーツ博物館の設立~休館~未来  新名佐知子
  4. 日本オリンピックミュージアムの活動  下湯直樹
  5. 地方のスポーツ博物館の現状と課題  江川哲二
  6. 太陽ミュージアム設立の経緯―パラリンピックと中村裕博士   四ツ谷奈津子
  7. 第9回美術品梱包輸送技能取得士認定試験の実施について   遠藤啓
  8. 投稿 指定管理者から地方独立行政法人へ
       ―公立博物館への制度導入をめぐって  高井健司 
  9. ICOMレポート コロナ下の2020年国際博物館の日について  栗原祐司
  10. コレクション はやり風用心  稲垣裕美


  • 令和2年6月号
表紙:ファルク地球儀
ヘラルト・フォルク/レオナルド・ファルク、
1700年、総高46.3×球径31.0cm
[松浦史料博物館]
特集「令和元年度研究協議会から」
目次
  1. 時の記念日100周年と棚橋源太郎―激動の時代のヒントとして  井上毅
  2. 令和元年度研究協議会の概要
  3. 令和元年度研究協議会テーマ1 新たな来館者対策―入館者増のための方策 嶋和彦
  4. 基調報告1 大塚国際美術館の活動について  浅井智誉子
  5. 基調報告2 文化庁の目指す新しい博物館政策  田邊翔
  6. 事例報告1 地域と連携した資料調査と活用―企画員が生み出す新しい交流  渡部淳
  7. 事例報告2 未来を担う子供たちを美術館へ  柳沢秀行
  8. 事例報告3 学校との連携は博物館利用者の裾野をひろげる―ゆるやかに関わる利用者の増加へ  可児光生
  9. 事例報告4 外国人から見た日本の博物館の多言語化―国立博物館の多言語化スタッフとしての経験を中心に
    趙ウニル
  10. 事例報告5 大阪市立自然史博物館の友の会と博物館活動  横川昌史
  11. 事例報告6 民俗・生活資料を活用した博物館回想法の取組―回想法を活用したミュージアムの役割/博福連携
    の事例を通して  市橋芳則
  12. 投稿 博物館のデコロナイゼーションについて―オランダ研修からの考察  邱 君妮
  13. 投稿 ICOM京都で模索した新たなる大学博物館の活動展開―第19回UMAC大会に参加して  棚橋沙由理
  14. 支部情報 九州支部 長崎県美術館の活動について  村上洋一郎
  15. コレクション ファルク地球儀  久家隆史


  • 令和2年5月号
表紙:星眼鏡
久米通賢、18-19世紀、木製
鏡筒長238.0~400.0cm、鏡筒外径9.0cm、
架台57.4×58.3×151.5cm
[鎌田共済会郷土博物館]
「令和元年度新館紹介」
目次
  1. 巻頭エッセイ 子ども達が来てくれる美術館に!  宮尾千加子
  2. 令和元年度開館博物館施設一覧
  3. 令和元年度新館紹介
  4. 令和元年度新設館 博物館施設概要
  5. 支部情報 四国支部 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、改修工事期間における取組    吉澤博之 宇川亜澄 竹﨑瑞季 石川賀代
  6. コレクション 星眼鏡  宮武尚美


  • 令和2年4月号
表紙:遺された部屋No.4
小林敬生、1977年、木口木版、287×273mm
[東広島市立美術館]
「平成30年度博物館館園数関連統計」
目次
  1. 巻頭エッセイ 瀬戸内国際芸術祭と博物館の役割  窪保彦
  2. 虎ノ門だより 令和2年度 文部科学省・文化庁における博物館振興施策の概要について
  3. 平成30年度 博物館園数
  4. 平成30年度 博物館入館者数
  5. 支部情報 中国支部 長門尊攘堂から下関市立歴史博物館へ  岡松仁
  6. コレクション 遺された部屋No.4  松田弘




会員ログイン

メールアドレス

パスワード

日本博物館協会 入会のご案内

ICOM 日本委員会

ICOM 日本委員会

日本博物館協会 入会のご案内

博物館総合保険のご案内

東日本大震災への取り組み

大津波被災資料連携プロジェクト 安定化処理

やまびこネット

博物館 自己点検システム

地 域 種 類 博物館名 住 所 電話番号 ホームページ

ホームページ
住所
電話番号
メールアドレス
開館時間
休館日

展覧会

開催期間

図録

価格

イベント

開催日時
会場
出演者

普及活動

開催期間
会場
出演者