• 日本語
  • English
トップページ > 主な事業:新型コロナウイルスと博物館

新型コロナウイルスと博物館

 社会がどのような状況にあろうと、博物館には、人々が健全な日々を送るために果たせる大切な役割があります。
 今、博物館は、新型コロナウイルス感染拡大という世界的課題の中で、その役割を果たすためにさまざまな取組をしています。日博協は、博物館を支援し、その取組をご紹介します。


■ 文化施設の感染拡大予防・活動支援環境整備事業<文化庁補助金>

文化庁補助金交付要望書 受付中 前回より格段に応募しやすくなりました!
※前回からの変更点

  • 応募資格

  【前回】入館者数1日あたり50人以上 ⇒【今回】入館者数の要件なし

  ※今回は年間開館日数100日以上、学芸員等(資格は不問)の職員が終日所在することが要件

  • 空気清浄機・サーモグラフィー等の物品取得

  【前回】原則リース・レンタルによる 【今回】購入可

  • 感染対策事業(マスク、消毒液等の購入)の事業期間

  【前回】6ヶ月間程度 ⇒【今回】令和3年1月8日~令和4年1月31日の間で申請した期間

  • 応募方法

  【前回】書類原本の郵送が必要 ⇒【今回】押印不要、E-mailで応募書類を送付(見積書等はPDFで添付)

※新たなメニューが加わりました

  • 配信等環境整備事業

  カメラ、パソコン、マイク等、映像や音声配信に必要な機材の購入が対象になります。

 

≪お知らせ≫

書類記入(書き方)についてのお問い合わせをお受けしています。
所定のExcel様式(交付要望書)をメール送付いただければ、内容の確認をさせていただきます。
期限間際になりますとお問い合わせが多くなり、お答えに時間がかかる場合がありますので、お気軽に早めのご相談をお願いします

文化施設の感染拡大予防・活動支援環境整備事業<第1次募集のご案内・申請手続き等について>

・申請書受付期間
 (1)第1次 令和3年3月31日(水)~4月23日(金)必着

 (2)第2次 令和3年5月17日(月)~6月4日(金)必着

 ※先着順ではありませんが、申請額が予算額に達した場合、受付終了となります

・申請方法 電子メールのみ ※持参や郵送での受付は行いません。

交付決定後の諸手続きについて

補助金実績報告書(様式第6ほか)を未提出の場合は、至急作成の上、提出をお願いします。手続については、「文化施設の感染症防止対策事業の交付決定後の諸手続について」(事務連絡)を熟読してください。

「文化施設の感染症防止対策事業」の採択結果が公表されました

文化芸術イベントのチケット払戻請求権を放棄した際の 寄付税制適用について

*博物館等文化財や多様な資料が展示・保管されている空間では、消毒液等を使用せずに不活性化を待つことが望ましいとされますが、今回の状況では消毒液の使用や通常と異なる換気等の措置が必要と判断される場合も想定されます。その際、文化財や資料等の保全に関し疑問や質問のある施設は、上記「作品消毒の窓口」にお尋ねください。 


■ 新型コロナウイルスに関する博物館の新たな取組

「おうちで・学校で博物館」
 
博物館に行けなくても、作品を鑑賞したり、展覧会を観たり、館長さんや学芸員の話を聞いたり、博物館を楽しむ仕掛けが満載です!! 
(それぞれのプログラムについてのお問合せは、各博物館までお願いします)

 

博物館ごとの取組
 

博物館の皆さまへ:
自館の取組を日博協までお知らせください。本ページにてご紹介させていただきます。

 




会員ログイン

メールアドレス

パスワード

日本博物館協会 入会のご案内

ICOM 日本委員会

ICOM 日本委員会

日本博物館協会 入会のご案内

博物館総合保険のご案内

東日本大震災への取り組み

大津波被災資料連携プロジェクト 安定化処理

やまびこネット

博物館 自己点検システム

地 域 種 類 博物館名 住 所 電話番号 ホームページ

ホームページ
住所
電話番号
メールアドレス
開館時間
休館日

展覧会

開催期間

図録

価格

イベント

開催日時
会場
出演者

普及活動

開催期間
会場
出演者